自動車 永久抹消 

一時抹消、廃車の必要書類・費用

普通車の永久抹消

永久抹消登録を行わないと、毎年の自動車税を支払い続けなくてはなりません。また、車検が1ヵ月以上残っている場合には、重量税が月割りで戻ってきます。

車両の解体が済んでいることが必要になります。(解体登録日、リサイクル番号)

 

 永久抹消登録一時抹消登録
メリット ・自動車税の支払いを止めることができる。
・車検が1ヵ月以上残っている場合は重量税が月割りで戻ってくる。
・自動車税の支払いを止めることができる。
・再び新規登録すれば公道を走ることができる。
デメリット ・二度と公道を走ることができない。 ・車検が1ヵ月以上残っていても重量税は戻ってこない。

 

登録地(登録事務所)

代行料

多摩 6,000(税別、円)
八王子 6,000
品川 7,000
横浜 6,000
湘南 6,000
相模 5,000
練馬 7,000
足立 7,000
その他道府県 7,000

 


必要書類(郵送いただくもの)

 

必要書類 備考
自動車車検証 有効期限のあるもの
印鑑証明書 所有者のもの 1通 取得から3か月以内
委任状 所有者の実印押印
解体報告日、リサイクル番号  
※ナンバープレート (既に一時抹消している場合は不要)

※重量税還付がある場合

(車検が残っている場合)

受領者の銀行口座(支店名、口座番号)、電話番号、フリガナ

・手数料納付書

・OCRシート

・自動車税申告書

当事務所で準備、作成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくあるケースQ&A

  

1.所有者の現在の住所と車検証の住所が違う場合は?→住民票を用意して下さい

車検証上に記載されてある所有者の住所が引越しをしていて現在の住所と違う場合があります。

この場合、住民票が必要になります。住民票上の「前住所」欄に車検証上のご住所が記載されてあれば大丈夫です。

また、2回以上引越しをされている場合等で、住民票で車検証上の住所から現在の住所までのつながりが確認できない場合は、別途以下の書類でつながりを証明することが必要です。

個人の方:住民票の附票・戸籍の附票

法人の方:履歴・閉鎖事項証明書等

 

2.名義変更をしてから一時抹消をしたい。→移転登録の手続きをしてから抹消の手続きとなります。

所有者を第三者に変更してから、一時抹消登録をする場合には、一時抹消の書類に加えて移転登録の書類と費用が必要になります。

(例)旧所有者発行の譲渡証明書、新所有者の印鑑証明書、実印を押印した委任状、印紙代:500円

   当事務所代行費用。

 

お手続きの流れ

下記のいずれかで申込み、問いあわせ」お願い致します。


TEL: 090−4836−4801(9:00-19:00)

FAX: 046-286-5879

Mail: nakama.g.office@gmail.com (24時間受付

申込みフォームからはこちら→(24時間受付)

 

お客様から当事務所に書類を送付


〒243−0303

 神奈川県愛甲郡愛川町中津7276−1

 行政書士 仲間事務所宛

 TEL:090-4836-4801

 

振込みのご案内。書類作成・登録申請

完成した書類をご郵送致します。

※入金確認後の発送となります。

 ※請求書原本がないと払えないなどのディーラー様には後払いで対応させていただきます


依頼した場合の料金例

横浜 普通車 永久抹消の場合


お支払総額:7,190円 

(内訳)

代行手数料 6,000円

消費税  480円

印紙   350円  

レターパック 360円

 

▲このページのトップに戻る